<「特別コレクション」をどう活用するか>

 大学等の高等教育機関で所蔵する貴重資料や特別コレクションについては、各館の重要な資産として、様々な活用がなされてきた。地域への積極的な貢献がさらに求められるなか、広く学内外の研究者に「特別コレクション」を対象とする研究を進展させるにはどうしたよいのか、また研究成果を社会に還元するための図書館職員の取組みについて考える。

 

基調講演:内田慶市(関西大学教授・アジア・オープン・リサーチセンター長)  要旨PDF  要旨テキストファイル

     大学図書館における特別コレクションとは-関西大学図書館の特別コレクションを通じて-

報  告:坂本亮太(和歌山県立博物館学芸員)  要旨PDF  要旨テキストファイル

     高野山大学図書館の貴重資料から見えるもの

報  告:木下浩良(高野山大学総合学術機構課長)  要旨PDF  要旨テキストファイル

     高野山大学図書館所蔵の平安時代の古典籍奥書資料について

報  告:松屋あき(近畿大学中央図書館)  要旨PDF  要旨テキストファイル

     貴重書展とデジタルアーカイブ‐現物資料とデジタルデータの活用について